導入事例 お客様の課題を解決し、効率UP!システナならではの導入事例をご紹介します。
HOME> 導入事例 > 株式会社ラフォーレ原宿

コスト削減!コミュニケーション向上!Notes移行!
株式会社ラフォーレ原宿

お客様の抱えていた問題は?

ラフォーレ原宿は1978年の開業以来、ファッションをはじめとして常に新しいカルチャーを創造し続けている。店舗における斬新なイベントや企展示などを次々に開催していくには、高解像度の画像や社員同士のアイデアなどの情報伝達をスムーズにおこなうことが不可欠だ。そのためのインフラとして、ラフォーレ原宿では2011年末に、Notesから Google Apps に移行した。

抱えていた問題がどう解決したか、また導入にあたっての工夫などについて、同社システムグループの木島信宏氏と永井宗範氏に話を聞いた。

 

ラフォーレ原宿では、自社内にサーバールームを持ち、20数台のサーバーを稼働させてきた。そのサーバーのひとつに、メールおよびグループウェアとしてNotesが稼働していた。

「Notesをはじめ、自社のサーバーの台数が増えすぎたことで、問題が出てきていました」と木島氏は説明する。ひとつには、リーマンショック以降の不況により、サーバーをオンプレミスで持つことによる設備や電力などのコストが問題となった。また、2台設置されているエアコンのうち1台が停止した際にサーバーを冷却しきれなくなり、警告通知が届いたこともあり、設備上の課題にも直面していた。そこで、ブレードサーバーや仮想化によるサーバー集約、クラウド移行などが検討対象に挙がった。

サーバー集約などと同時に検討していたときには、クラウドサービスについてコストのメリットは感じながらも、社内の情報を預けて本当に安全なのだろうかとセキュリティ面の不安も感じていたという。しかし、東日本大震災を契機に、自社サーバールームの安全性やBCP対策などについて再考しつつ、まずはNotesに代わるサービスとして複数のクラウドサービスを検討したところ、Google Apps およびシステナが提供するセキュリティ対策サービス等を取り入れることにより、不安を排除できることが確認できたため、Google Apps への移行を決断した。

この問題に対する、システナの提案は?

クラウドの利便性とセキュリティを両立させる

Google Apps に移行するにあたり、クラウドの利便性を損なうことなく、高いセキュリティレベルを保つために2つの対策を講じた。

一つはアクセスの制御である。Google Apps はネット環境さえあればどこでも接続できるが、ラフォーレ原宿では取り扱う情報も重要なデータが含まれるため、事業所内と許可されたノートPCやスマートフォンだけで Google Apps を利用させることが導入の条件であった。それを実現するにあたり、システナの提供するアクセス制御サービスの導入を行った。特定のIPアドレスでの許可及び端末を特定したアクセス許可をユーザーごとに設定できることで、クラウドの利便性を損なわず、セキュリティを高めることが可能となった。

二つ目は、添付ファイル自動ZIP暗号化や、メール送信の一時保留、大容量ファイル転送等の誤送信対策サービスの採用だ。Google Apps と連動できる最適なサービスを複数社検討した結果、メールのアーカイブサービスとセットになっているHDEメールサービスを採用した。大容量ファイル転送は、ファイルをメールに添付するかわりにアップロードして渡せるオンラインストレージサービスで、巨大なファイルや、暗号化圧縮をするとMacでファイル名が文字化けしてしまうケースなどで活用できることも採用の理由である。また、メールの履歴アーカイブの保管先が Google サーバと分化できることもデータ保全の意味では重要だった。


「これらの Google Apps に付加できるソリューションの提案とそれを利用開始するまでのきめ細かなサポートをシステナに対応してもらったことは当社にとってはメリットでしたね。」と永井氏は振り返った。
 

問題の解決と、今後について

業務管理統括部 経営企画部 システムグループ 課長 木島信宏氏

システムコストも手間も大きく削減。

期待していたコスト削減効果は、システム部門の管理コスト削減にあらわれている。システム部門では、少ない人数で、サーバーの管理からLANの配線、各自のPCの管理、社内システムのプログラム開発などまで手がけている。そのようなシステム部門にとって、サーバーのセキュリティパッチやウイルス対策、SPAM対策が不要になったことは大きい。
また、Notesを使っていたときはActiveDirectoryとのアカウント連動ができなかったためユーザーを二重に管理する必要があったが、Google Apps の導入により一元管理するようになったことも大きい。「Google Apps 自体だけでなく、付加ソリューションとの組み合わせで、複合的に使いやすくなっています。」(木島氏)

これからの活用としては、社内の情報共有をよりリアルタイムにより使いやすくしていきたいと考えている。Notesで利用していた掲示板機能の提供や Google Apps の動画や画像の共有機能を少しずつ使い始めている。たとえば、CMを社内専用にアップロードしておくことで、最新のCMを社員が見逃がすことがなくなるという。
「モバイルからの利用もこれからどんどん社員に提供していき、Google Apps を有効活用していきたいです。」と木島氏は語ってくれた。

会社情報

株式会社ラフォーレ原宿

東京都渋谷区神宮前1-11-6

http://www.laforet.ne.jp/

 

このページに関するキーワード
Google AppsNotesラフォーレ原宿ショッピングモールメールサーバーグループウェアファイルサーバー顧客情報クラウド移行セキュリティオンラインストレージコスト削減一元管理
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
個人情報保護方針 | サイトご利用について
Copyright © 2010-2016 Systena Corporation All Rights Reserved.
 
PAGE TOP